選手・スタッフへのパワーハラスメント行為が認定されたサッカーJ1湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)が退任することが決まった。

 ◆曹監督のパワハラ騒動経過

 ▽7月2日

 日本サッカー協会の内部通報窓口に、同監督にパワハラ行為が疑われる趣旨の通報

 ▽同中旬

 Jリーグが湘南に対して「コンプライアンス事案について調査を行う」と通告

 ▽8月12日

 Jリーグが調査に乗り出すことが明らかに

 ▽同13日

 クラブが同監督の指導自粛を発表

 ▽同14日

 弁護士4人による調査団が湘南関係者60人へのヒアリング調査を開始

 ▽9月24日

 村井チェアマンが調査がおおむね終了したことを明言。「10月初旬に一定の方針を示せれば」と話す

 ▽10月4日

 調査チームがパワハラ行為を認定

 ▽同9日

 湘南が同監督退任を発表