◆JリーグYBCルヴァン杯 準決勝第1戦 川崎3-1鹿島(9日・等々力陸上競技場)

 川崎はホームでリーグ戦首位の鹿島を3-1で下した。G大阪は本拠で札幌に2-1で勝利した。第2戦は13日に行われる。

 川崎がカップ戦初タイトルに向け、ホームで先勝した。1-1の後半37分。MF大島が鋭い縦パスで逆転弾を演出。「途中出場なのでガムシャラに」と一気にリズムを加速させ、2年ぶりの決勝進出を引き寄せた。

 大島にとって、約3か月ぶりの実戦。7月7日の鳥栖戦で左ふくらはぎを負傷し、復帰した8月10日の名古屋戦ではアップ中に再発。左ひらめ筋肉離れで全治6週間の診断を受けた。

 リーグ3連覇を狙う中で、「替えの利かない存在」(鬼木監督)である大島を失い、チームは低迷。不在時は5勝5分け5敗でV3は厳しい状況に立たされたが、合流して9日後の復帰戦で圧巻のプレーを披露。鬼木達監督(45)も「僚太の判断が素晴らしかった」と賛辞。今季初タイトルに向け、強力なピースが戻ってきた。