「秋華賞・G1」(13日、京都)

 紫苑S組のカレンブーケドールが好ムードを見せた。

 9日、津村を背にしたカレンブーケドールは美浦坂路へ。ドナアトラエンテ(3歳1勝クラス)を2馬身半先行させてゆったり駆けだした。僚馬との間合いを保ちつつしっかりコントロールされ、最後は反応良く並び掛けるとそのまま併入した。

 4F52秒1-37秒9-12秒3に、鞍上は「好感触ですね。前回は叩いた方が良くなるだろうという出来でしたが、その通り良くなりました」。国枝師も「馬の雰囲気がグッと良くなった。体もふっくらして馬も落ち着いている」と納得の表情だ。

 桜樫女王不在となった牝馬三冠最終戦。春の段階の勢力図で実績最右翼に並ぶオークス2着馬だが、秋は坂路主体に乗り込んでさらなるパワーアップを図った。津村は「前回の調教でも思っていたのですが、トモの力の入り方が成長してますね」と話す。

 前哨戦の紫苑Sこそ3着に終わったものの、そこを叩いて型通りに上昇。タイトル奪取に向けて態勢は整った。トレーナーも自信たっぷりだ。「オークスでいい競馬をしてくれたのが、ダテではなかったというところを見せてもらいたい」。オークスで首差敗れたうっぷんをここで晴らす。