<セ・CSファイナルステージ:巨人5-2阪神>◇第1戦◇9日◇東京ドーム

7回の三塁守備から出場の阪神北條史也内野手がチームに流れを引き寄せた。

8回に左安打を放つと、9回には執念で押し出し四球をもぎ取った。「一発勝負なので、調子というよりは1打席1打席集中してやっている。負けたら意味がないので」。ファーストステージからのラッキーボーイを継続したいところだ。