10月9日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの「パーソル CS パ」ファイナルステージ初戦は、8対4で福岡ソフトバンクが逆転勝利した。

 昨年と同じ場所、同じカード。先制したのは福岡ソフトバンクだった。1回表、埼玉西武先発・ニール投手に対し、今宮健太選手と柳田悠岐選手が連打でつなぐと、5番・松田宣浩選手が先制の適時二塁打。ファーストステージで初戦以降スタメンを外れた雪辱を果たし、貴重な2点リードを奪う。

 しかし3回裏、埼玉西武も福岡ソフトバンク先発・和田毅投手を攻めた。四球や安打などで2死1,3塁のチャンスを作り、4番・中村剛也選手の適時打で1点差。そして、続く外崎修汰選手がセンターオーバーの2点適時三塁打を放ち、逆転に成功した。

 打線に助けられたニール投手も初回以降は立ち直り、テンポの良いピッチングで相手打線に反撃の糸口をつかませない。6回までに12個の内野ゴロを積み上げると、その裏に山川穂高選手がリードを広げる適時打を放つ。

 ところが試合終盤、流れが変わった。7回表、福岡ソフトバンク先頭のグラシアル選手に「打った瞬間に入ると確信したよ」というソロ本塁打が飛び出し、1点差となると、8回表、2死1,3塁の好機で代打・長谷川勇也選手が値千金の同点タイムリー。さらに埼玉西武の捕逸の間に勝ち越し点をもぎ取り、5対4と逆転に成功する。

 そして9回表にも、今宮選手や松田宣選手の適時打で3点を追加した福岡ソフトバンク。9回裏は守護神・森唯斗投手が3者凡退で締め、試合終了。

 ファーストステージを突破した勢いのまま、試合は福岡ソフトバンクが8対4で勝利した。先発の和田投手は4回3失点で「大事な初戦を任せてもらったのに、結果を出すことができずに申し訳ない」と肩を落としたが、松田宣選手が4打点の大活躍を見せた。反対に敗れた埼玉西武は先発のニール投手が7回途中3失点の粘投も、捕逸で決勝点を許す悔しい結果となった。 文・鈴木海斗