「パCSファイナルS・第1戦、西武4-8ソフトバンク」(9日、メットライフドーム)

 執念の采配で勝利をもぎ取ったソフトバンクの工藤監督は、八回に内川へ代打・長谷川勇を送った場面について「苦しい決断だった」と振り返った。

 1点を追う中、2死一、三塁の絶好機。工藤監督を動かしたのは2つの理由だった。「ちょっと今日はタイミングが合っていないと思った」。それまで3打席無安打。六回には2死満塁で遊ゴロに倒れていた。

 2つ目は相手マウンドの平良との相性だ。シーズン中は2打数無安打。森ヘッドコーチは「監督はそこも引っ掛かっていたようだ」と振り返った。結果的に長谷川勇が同点打を放って勢いづき、見事な終盤の逆転劇につなげた。

 また、CSファーストの2戦目以降はスタメンから外していた松田宣を「5番三塁」で起用したのも工藤監督のアイデアだった。松田宣は先制打を含む2安打4打点の大活躍だった。

 昨年と同じ顔合わせ、同じ舞台となったCSファイナル。昨年の初戦は10得点でソフトバンクが勝利。今年は11安打8得点と昨年に及ばないが、強打を誇る相手に対して打ち勝った事実は変わらない。下剋上の再現の匂いが一気に増してきた。