◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第1戦 巨人5―2阪神(9日・東京ドーム)

 巨人は初回に丸、岡本の2者連続本塁打、2回には亀井、坂本勇の連続タイムリーが飛び出し序盤で5点をリードした。投げては今季、3冠を獲得した先発の山口が8回途中1失点と好投。阪神を振り切り最終Sの連敗を6で止めて、リーグ優勝のアドバンテージを含め2勝0敗とした。

 ◇1回(神0、巨2)

 【神】木浪三振、近本二ゴロ、福留三振

 【巨】亀井四球、坂本勇遊ゴロ併殺打、丸中越1号本塁打、岡本左越1号本塁打、阿部三振

 ◇2回(神0、巨3)

 【神】マルテ三振、糸原二ゴロ、高山三振

 【巨】ゲレーロ右飛、田中俊中前安打、小林のとき田中俊二盗、小林四球、山口のバント一ゴロで田中俊三封、小林二進、亀井の左翼線二塁打で小林生還、山口三進、坂本勇の中前安打で山口、亀井ともに生還、丸四球で坂本勇二進、岡本三飛

 ◇3回(両軍0)

 【神】大山、梅野ともに三振、望月の代打陽川遊ゴロ

 【巨】(投手岩貞)阿部、ゲレーロともに三振、田中俊二ゴロ

 ◇4回(神1、巨0)

 【神】木浪左飛、近本遊ゴロ、福留右前安打、マルテの右前安打で福留二進、糸原四球で満塁、高山のとき暴投で福留生還、マルテ三進、糸原二進、高山四球、大山中飛

 【巨】小林、山口ともに三振、亀井一ゴロ

 ◇5回(両軍0)

 【神】梅野四球、岩貞の代打鳥谷二ゴロ併殺打、木浪右飛

 【巨】(投手能見)坂本勇、丸ともに右飛、岡本左前安打、阿部中飛

 ◇6回(両軍0)

 【神】(一塁岡本、三塁若林)近本遊ゴロ、福留左飛、マルテ三振

 【巨】ゲレーロ中飛、田中俊左飛、小林三振

 ◇7回(両軍0)

 【神】糸原三邪飛、高山右前安打、大山右飛、梅野一ゴロ

 【巨】(投手守屋、三塁北條)山口三振、亀井中飛、坂本勇三ゴロ

 ◇8回(両軍0)

 【神】北條左前安打、木浪の二ゴロで北條二封、(投手中川)近本遊飛、福留三振

 【巨】丸四球、岡本、若林ともに中飛、ゲレーロ三振

 ◇9回(神1、巨X)

 【神】(投手デラロサ、左翼亀井、右翼陽岱鋼)マルテ三振、糸原中前安打、高山の中前安打で糸原二進、守屋の代打原口の三ゴロで糸原三進、高山二封、梅野四球で満塁、北條押し出し四球で糸原生還、なお満塁(北條に代走植田)、(投手田口)木浪三ゴロ