<パ・CSファイナルステージ:西武4-8ソフトバンク>◇第1戦◇9日◇メットライフドーム

西武の中継ぎエース平井克典投手が屈辱のイニング途中降板となった。

1点リードの8回から3番手で登板。1死後に連打を許し、一、三塁とピンチを広げた場面で平良にマウンドを譲り、マウンドで悔しげな表情を見せた。「そこが1番の屈辱じゃないですかね。ボール自体は悪くなかった。ニールにもチームにも申し訳ないです」と唇をかんだ。