「パCSファイナルS・第1戦、西武-ソフトバンク」(9日、メットライフドーム)

 西武の先発・ニールが七回途中5安打3失点と仕事を果たした。

 初回、松田宣に右中間へ先制の2点適時二塁打を献上。一気に相手のペースに傾く可能性もあったが、二回以降は完璧に立ち直った。手元で動くボールで内野ゴロの山を築き、六回2死満塁の大ピンチでは内川を遊ゴロに打ち取り、脱出した。

 七回、先頭のグラシアルに左翼席へ運ばれたところで降板した。