今秋ドラフトの目玉、大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)は9日、DeNA、オリックスと面談を行った。これで、ここまで9球団との面談が終了した。

 ここまで最多となる、4人で訪問したDeNAの進藤編成部長は「育成方針などを話しました」と説明。吉田代表補佐兼スカウト部長は「(印象は)普通の高校生。本人から育成方針を聞きたいとも聞いていたので、活躍できるようにしますよと。リラックスして理解できたと思います」と語った。

 丁寧な説明で誠意を示したが、現状での評価について聞かれると吉田代表補佐は「(1位指名が決まるのは)ウチはいつもドラフトの日。毎年そうだから」と言葉を濁していた。