「セCSファイナルS・第1戦、巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 2番手で三回からマウンドに上がった、阪神の岩貞祐太投手が2回を無安打無失点に抑える好投を見せた。

 5点ビハインドで先発・望月の後を受けた左腕は三回、先頭の阿部を空振り三振に斬ると、続くゲレーロも連続三振の上々の滑り出し。三者凡退に封じると、続く四回も8番・小林、9番・山口を連続三振。2死から亀井を一ゴロに料理して2回を無安打無失点。テンポ良く腕を振り、4奪三振の快投で巨人打線を完璧に封じた。

 岩貞は8日、東京ドームでの指名練習に姿を見せてこの日、出場選手登録されて中継ぎ待機していた。