<セ・CSファイナルステージ:巨人5-2阪神>◇第1戦◇9日◇東京ドーム

初戦の先発を任された阪神望月惇志投手(22)が2回5安打5失点3四球で降板となった。

初回にいきなり、リーグ優勝打線の洗礼を浴びた。先頭の亀井に四球を与え、坂本を遊ゴロ併殺に仕留めた直後だった。3番丸にフルカウントから、中堅へ先制ソロを浴びた。歓声も静まらぬうちに、4番岡本にも左翼へ2者連続のソロを許した。

2回も巨人打線の勢いは止まらず、2死一、二塁から亀井に左翼へ適時二塁打を浴びると、坂本勇には中前へ落ちる2点適時打。序盤に痛い5失点となり、3回は代打を送られた。

巡ってきた大役だったが「大事な初戦を任せていただいたのに、早々にマウンドを降りることになり、チーム、応援してくれているファンの方々に申し訳ないです」と悔やんだ。