「セCSファイナルS・第1戦、巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 今季での阪神退団が決まっている鳥谷の登場に東京ドームが沸いた。

 四回に1点を返し、反撃ムードが漂う中で迎えた五回。先頭の梅野が死球を選んで無死一塁の場面で2番手・岩貞の「代打・鳥谷」がコールされた。

 フルカウントからの直球を捉えた打球はセカンド正面のゴロに。4-6-3とボールは転送される併殺に終わり、チャンスはつぶれた。次のイニングから能見がマウンドに上がり、鳥谷は守備に就くことなくベンチに下がっている。