「フェニックス・リーグ、広島7-4DeNA」(9日、天福球場)

 広島・ケムナ誠投手が先発し、3回3安打無失点に抑えた。

 初回は先頭・百瀬に中前打を許したが、倉本を二ゴロ併殺、楠本を中飛に斬った。二回はいずれも内野ゴロでアウトを取り、三者凡退。三回は先頭から連打を浴びて一、二塁となったが、後続を断った。

 直球中心に押し込み、要所を締めた右腕。それでも「ゼロで抑えたけど、内容は自分の中で点数が低い。全体的に球が高かった」と満足感は見せなかった。