◆パーソル クライマックスシリーズ・パ 最終ステージ第1戦 西武―ソフトバンク(9日・メットライフ)

 旬の季節を迎えたアップルパンチがさく裂した。西武の外崎修汰内野手(26)が3回に逆転打を放った。2点を追う3回、中村の左前適時打で同点に追いつくと、なお2死一、二塁から中越えへ2点三塁打。この回一挙3点を奪い、西武が逆転に成功した。

 第1ステージの勝者を迎え撃つ形となったが、「練習の時は強く、低いライナーを打つところからだんだん上げていくイメージでやっていた」と充実の調整期間を過ごした。今季のソフトバンク戦は打率2割2分1厘と苦しんだが、大事な一戦で貴重な一打を放った。