「セCSファイナルS・第1戦、巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神が序盤から劣勢に立たされ、先発の望月惇志投手は2回5安打5失点で降板。CSファイナルS初戦の先発を任されたが、チームの期待に応えることはできなかった。

 先頭の亀井に四球を与えたものの、続く坂本勇を151キロ直球で遊ゴロ併殺。しかし、2死走者なしから3番・丸にフルカウントからの6球目、152キロストレートを完璧に捉えられた。打球はバックスクリーン左へと飛び込む先制ソロ。球場内は、巨人ファンの大歓声に包まれた。 余韻が残る中、続く4番・岡本にもフォークを左翼スタンドに運ばれ2点目を失った。左翼・福留が一歩も追わない、打った瞬間それと分かる一発で2者連続本塁打。スタンドではオレンジ色のタオルが揺れ、右腕は天を仰いだ。

 二回は安打と四球などでピンチを招き、2死一、二塁から亀井に三塁線を破られる適時打。さらに続く坂本勇には初球を中前に落とされる2点適時打で3点を追加された。強力巨人打線を前に、防戦一方のマウンドとなってしまった。望月は降板後、球団広報を通じ「大事な初戦を任せて頂いたのに、早々にマウンドを降りることになり、チーム、応援してくれているファンの方々に申し訳ないです」とコメントした。

 ファイナルSでは1位・巨人に1勝のアドバンテージが与えられているため、猛虎にとっては是が非でも取りたい初戦。しかし、序盤から主導権を握られる苦しい展開になってしまった。