「セCSファイナルS・第1戦、巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 巨人の猛打が止まらない。

 二回、巨人の坂本勇が今シリーズ初安打初タイムリーを放った。亀井の左線適時二塁打で3点リードとなり迎えた第2打席。2死二、三塁から望月のスライダーを中前へはじき返した。

 「亀井さんがしっかりつないでくれたので、打ててよかったです」とコメント。

 亀井も「打ったのはフォーク。いい追加点になったし、点は何点あってもいいから。次の1点を全力でとりにいきたい」と振り返った。

 初回は丸、岡本が連続本塁打。岡本にとっては自身初のCSアーチ。勢いに乗って勝ち進んできた阪神を攻め、主導権を握った。