<みやざきフェニックス・リーグ:広島7-4DeNA>◇9日◇天福

広島の佐々岡チルドレンが明暗を分けた。先発ケムナは3回を3安打無失点。

「自分の中では低い点」と自己評価は厳しいが、「要所を抑えることはできた」と納得の表情だった。2番手山口は5回に2者連続適時打を浴びるなど、2回4安打2四球3失点。「球が高かった。もっと考えて投げないといけない」。試合後は水本2軍監督から付きっきりで指導を受けた。