◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第1戦 巨人―阪神(9日・東京ドーム)

 巨人の丸佳浩外野手(30)が、先制となるソロ本塁打をバックスクリーン左へ突き刺し「クライマックスシリーズは先制することが大事なので、先に点が取れてよかった」とコメントした。

 初回2死。阪神先発・望月が投じた外角の152キロ直球を完璧にはじき返し、CS初打席で初アーチ。スタンドインを確認すると、ベースを回りながら「よっしゃー」と吠えた。

 ベンチに戻ると原監督らが“マルポーズ”でお出迎え。広島でリーグ3連覇をけん引した男が、大事な初戦でいきなり大仕事をやってのけた。