4月に海外FA権を取得していた堂上直倫内野手(31)が9日、国内FA権を取得した18年オフから3年契約を結んでいたことを明かした。自主練習をしているナゴヤ球場で取材に応じ、「去年から3年契約をしてもらいました。これからもドラゴンズにお世話になります」と明かした。

 今季はプロ13年目でキャリアハイの12本塁打を放つなど、チームに欠かせない存在感をみせた。「毎年、さらにいい結果を残せるようにやっていきたい」と前を向いた。