<東都大学野球:国学院大3-0中大>◇第5週第2日◇9日◇神宮

国学院大の先発小玉和樹投手(4年=佼成学園)が大学初完投を初完封で飾り、開幕5連勝の中大を止める貴重な勝ち星を挙げた。

前日の試合に先制3ランを放ち、打撃好調の牧秀悟内野手(3年=松本第一)に細心の注意を払い、2四球を与えたが無安打(1三振)に抑えた。試合後は「彼はポイントゲッターなので、四球は与えましたが打たせないことを優先したので結果としては良かったと思います」と、振り返った。

中大を5安打2四球8三振に抑える快投で、1勝1敗のタイに持ち込んだ。試合後の鳥山泰孝監督は「小玉がこれ以上ないピッチングをしてくれた。今日は強力な中大打線を相手に、ストライク先行で、強気のピッチングに精神面での成長を感じた。これまではチーム事情で先発のチャンスがなかったが、よく期待に応えてくれている」と、内容ある完封勝利をたたえた。

プロ志望届も提出済み。「今日の完封はこれからのことを考えても、すごい成長材料になると思います」と、ハキハキと答えた。最速は151キロ。小柄だが気持ちの入ったピッチングで、独走態勢に入りかけていた中大を止め、戦国東都を盛り上げる白星をつかんだ。