プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼軍団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第9回目は「新日本から捨てられたと思ったメキシコ行き」。

 デビューから2年が過ぎた20歳の冬。ヒロは会社からメキシコへの武者修業を通達された。

 「確か1980年の12月だったと思います。山本小鉄さんからメキシコへ行けって言われました。言われた時は、“あぁ日本で成人式を迎えられないなぁ”って思いました」

 ただ、実際にメキシコへ行ったのは、通告からおよそ7ヶ月後の1981年7月だった。当時、若手レスラーにとって海外修業は、将来の飛躍へのステップアップだったが、ヒロの捉え方は違っていた。それは会社からの通告にあった。

 「幹部の方から“帰ってきたければ、メキシコで働いて自分の金で帰ってこい”って言われました。それと“帰ってもやるところがなかったらメキシコで辛抱してずっとやれ”とも言われました。それが、嫌だったら“自分で頑張ってコネをつけて金を稼いで他のテリトリーへ移ってもいいぞ”って言われました。その言葉を聞いて自分は、新日本から出ていってくれっていうことだなって思いました。だから、メキシコへ行くのは、日本に帰ることができない片道切符みたいなもんでした。多分、自分は体が小さいし不細工だからそう言われたと思うんですよね。それでメキシコなんか行きたくないから、このままやめちゃおうかなとも思いましたけど、行かせてもらうだけマシかなと思って行くことにしました」

 メキシコの首都メキシコシティには、当時、先輩の小林邦昭と栗栖正伸が修業に来ていた。ヒロと同じ時期に木戸修もメキシコに入った。小林と栗栖は入れ替わりで帰国し、ヒロは2人が住んでいた26階建てマンションの23階の部屋に入居し初めての海外での生活が始まった。メキシコでは、プロモーターとの交渉窓口は、かつて新日本に所属し、メキシコマットに定着していたグラン浜田が行っていた。リングネームはスペイン語で「日本」を意味する「ハポネ」に名字を組み合わせた「ハポネ・サイトウ」。ルード(悪役)としてエル・カネックらトップレスラーと戦った。

 「ファイトマネーは1試合5万ぐらいだったと思います。とにかくスケジュールがハードで、日曜日になると1日最高で5試合やらされた時もありました。昼にメキシコシティで試合が終わって飛行機に乗って別の場所で試合をやって、また夜にシティに帰ってきてってすごいスケジュールで試合してましたね」

 日本では考えられない過酷なスケジュールでリングに上がっていた時。生涯の必殺技と出会う。それが「セントーン」だった。(敬称略。続く。取材・構成 福留 崇広)