佐々岡真司新監督を迎えた広島が9日、マツダスタジアムで秋季練習をスタートさせた。

 午前10時前から主力選手らがグラウンドに集合。円陣の中心で新指揮官が「スタッフ、投手、野手などみんながレベルアップして、優勝を目指してみんなで戦っていきましょう」と第一声でチーム一丸を強調したあと、練習が始まった。午前中はランニングなどの体力メニューが組まれ、午後からは技術練習がメインになる。

 チームは今季、4年ぶりのBクラスに終わった。佐々岡新監督は7日の就任会見で「選手とコミュニケーションを取りながら。それが自分のスタイルだ」と話していた。選手との信頼関係を深めながら、来季のV奪回を目指す佐々岡カープが、いよいよ船出した。