◆第67回府中牝馬S・G2(10月14日・芝1800メートル、東京競馬場)

 府中牝馬S・G2(14日、東京・芝1800メートル、1着馬にエリザベス女王杯への優先出走権)で、クロコスミアが同レース初の6歳馬による勝利を目指す。前走の札幌記念は7着だったが、強力牡馬が相手のうえ、直線で挟まれる不利もあった。

 17年の同レース以来の勝利へ、栗東に移動後も順調そのもの。北添助手は「夏を使って、いい状態。この年齢になっても体が成長している感じ。春はヴィクトリアマイル(3着)を目指してつくっていたけど、秋は長い距離に対応できるように調整している。いい形で次のG1につなげたい」と秋の大舞台を見据える。

 目標とするエリザベス女王杯は、2年連続で首差2着の惜敗。昨年は逃げ粘ったが、ゴール寸前でリスグラシューにかわされた。悲願達成へ、秋初戦で勢いをつけたい。