2度の暴力問題で日本相撲協会から自主引退を促されている十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=に関して師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が8日、本人の同意なしに引退届を出すことに現時点で否定的な考えを示した。都内の部屋で朝稽古後、「本人と話して自分から(引退届を)出すように持っていってあげたい」と語った。

 貴ノ富士が引退を拒否している。懲戒解雇となれば退職金も出ない。親心から師匠が“強制引退”させる方法もあるが、まずは師弟での面談を望んだ。

 前日、協会は貴ノ富士が11日までに進退に関する意向を回答することを発表。この日は貴ノ富士側からの反応はなかった。