「関西学生野球、近大2ー1立命大」(8日、ほっともっとフィールド神戸)

 京大と近大が勝利し、勝ち点を挙げた。近大はドラフト候補の立命大・坂本裕哉投手(4年・福岡大大濠)から八回に2点を奪って逆転勝ちを収めて勝ち点を「4」とした。次節の関大戦で勝ち点を挙げれば、2季ぶりの優勝が決まる。

 ドラフト候補の立命大・坂本は、八回の2失点で無念の敗戦。リーグ優勝の可能性が消滅した。

 この日は阪神、巨人ら4球団のスカウトが視察。「まだまだ自分のレベルの低さ、甘さが分かりました。指名されればありがたいですけど、されなくても(社会人で)もっとレベルアップして挑戦できれば」と振り返った。