第145回九州地区高校野球県大会は8日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、鹿児島実と鹿児島城西が対戦した。鹿児島実が本塁打を含む10安打を放ち、8季ぶり31回目の優勝を飾った。両校は19日から佐賀市である九州大会に出場する。(合田純奈)