◆W杯アジア2次予選 日本―モンゴル(10日・埼玉スタジアム)

 22年カタールW杯2次予選・モンゴル戦(10日・埼玉)、タジキスタン戦(15日・ドゥシャンベ)に臨む日本代表は8日、さいたま市内で非公開で調整した。

 この日の朝に帰国したMF堂安律(21)=PSV=もさっそく練習に合流。過密日程にも「もちろんタイトではあるけど3、4日に1回試合ができることはポジティブに捉えたい。生きた心地というか、緊張感がないと楽しくない」と前を向いた。

 8月にフローニンゲンから日本人として初めてPSVに移籍。オランダリーグ24度の優勝を誇る名門クラブでプレーすることで学んだことも多い。「格下と呼ばれる相手にも勝たないといけない試合がオランダでは多い。そこで勝ち抜く、勝ち点3をしっかり取ることの難しさは感じている。そこは日本代表にもつながると思うので、還元していけたら」。「勝者のメンタリティー」を武器に、森保ジャパンをけん引する決意を明かした。