強化方針などを巡って内紛が起きている全日本テコンドー協会の理事会が8日、都内で行われ、金原昇会長は自らの辞任を否定。「高橋、岡本両理事は辞めたいということで辞めますが、今はオリンピックに向けて選手、理事、強化委員会が一致団結して強化にあたっていくのが筋という結論に至りました」と話した。

 13時開始の会議は、当初は17時に終了し、17時半から会見予定だったが、予定を大幅にオーバー。19時半すぎから始まった。

 内紛は、9月の強化合宿をトップ選手の大半がボイコットして表面化した。選手側は6月の時点で、合宿や指導体制についての改善要望を「意見書」として提出。協会は9月18日に「回答書」を公式サイトに掲載して事態収拾に乗り出していた。だが、その後、協会は世界テコンドー連盟(WT)に「選手に不平不満はなく、困惑もない」などと報告したことが発覚したため、事態は悪化した。