大学野球の関西学生秋季リーグ戦は8日、第6週の3回戦2試合があり、京大が、関学大を4―0で下して対戦成績を2勝1敗とし、2014年秋の同大戦以来となる10季ぶりの勝ち点をつかんだ。5位で並んでいた関学大を抜いて、単独5位になった。

 京大は六回、6安打を集めて一挙4得点。3投手の継投で関学大打線を零封した。今季は近大からも1勝を挙げており、これで3勝目。今季最後のカード、同大戦で、2000年秋以来の最下位脱出を目指す。