<みやざきフェニックス・リーグ:ヤクルト1-11ソフトバンク>◇8日◇西都

ヤクルトは1軍レベルとの力の差を、痛感させられた。ソフトバンクに1-11で完敗。

主力級の中田、泉からは2安打のみで得点を奪えず、高津臣吾監督は「2軍の試合ではあるが、認めないといけない実力の差だと思う」。投手陣も、来季の先発候補に挙げられている高梨が3回被安打8の6失点。指揮官は「どう修正していくか。それが僕の課題でもある」と話した。