日本野球機構(NPB)は8日、都内で実行委員会を行い、今季のリクエスト制度の実施報告があった。

 NPBによると、19年のリクエスト回数は584回で判定変更は176回。18年のリクエスト回数494回、変更162回に対して回数は増加傾向で、変更率は下がった。変更率は19年が30・1%、18年は32・8%。検証時間は19年2分2秒、18年は2分8秒だった。