巨人の坂本勇人内野手(30)が、16年以来3度目の「東京ドームMVP賞」を受賞した。今季、東京Dでは64試合に出場し、打率3割4分(247打数84安打)、22本塁打、49打点を記録し、満場一致で決定。副賞として賞金300万が贈られた。

 3度目の受賞は松井秀喜(96、97、02年)、阿部慎之助(05、11、12年)、菅野智之(14、17、18年)に並んで最多タイ。同球場内で行われた表彰式に参加した坂本勇は「東京ドームでたくさん活躍出来たということはすごくうれしいですし、優勝した年にこのような賞を頂けて本当にうれしく思っています」と笑みを浮かべた。