ソフトバンクの和田毅投手(38)が9日から始まるクライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(S)の開幕投手を務める。8日はヤフオクドームでキャッチボールなどを行い、最終調整。「チームの勢いにしっかり乗せてもらって、投げられたら」と意気込んだ。

 ベテラン左腕は11年のCS最終Sでも第1戦目を任され、今回と同じ西武相手に7回4安打1失点で白星をゲット。「そういう意味では縁起は悪くないかなと思う。あの時と若さは違うけれど、その時を思い出して、いいイメージでマウンドに上がれたら」。端正なマスクを緩め、快投の再現を誓った。