【ブレーメン(ドイツ)7日=林直史】卓球のワールドツアー、ドイツ・オープン(OP)は8日に開幕する。7日はシード選手の組み合わせ抽選が行われ、前週のスウェーデンOP女子シングルスで準優勝した世界ランク7位の伊藤美誠(18)=スターツ=は第4シード、同8位で2連覇が懸かる石川佳純(26)=全農=は第5シードとなった。

 両者は順当に勝ち上がれば準々決勝で当たる。国際大会で対戦が実現すれば昨年7月の韓国OP以来で、ここまで石川の5勝2敗。昨年の同大会を制した石川は出発前に「目標はベスト4」と掲げ、ツアーで最も格付けの高いプラチナ大会で今年も上位を狙う。

 男子シングルスで世界5位の張本智和(16)は第4シードに入り、中国の上位3選手と準決勝まで当たらない。水谷隼(30)=ともに木下グループ=は2回戦で地元の英雄、ティモ・ボルと対戦の可能性がある。