楽天・美馬学投手(33)が、今季途中に取得した国内FA権の行使を熟考する意向であることが7日、分かった。この日までに「シーズンが終わってから考えることだと思う」と話し、権利行使に含みを残した。3月に権利を取得した際には「(FA宣言は)考えていない」としていた。

 9年目の今季は、右肘クリーニング手術明けながら、開幕からチームで唯一ローテを守り抜き、25登板で8勝5敗、防御率4・01。2年ぶりの球宴出場も果たし、規定投球回も2年ぶりにクリアした。既に球団側からは複数年契約での残留要請を受けているが、ロッテなど複数球団が水面下で獲得調査を進めている。