ロッテ・井口監督が7日、金田氏の死去を悼んだ。「記録的に見れば400勝だが、われわれには監督のイメージしかない。74年にロッテが優勝、日本一になった時の監督。そういう意味でその遺志を継いで優勝したい」。

 ZOZOマリンでの秋季練習前には黙とうを捧げ、球団旗が半旗で掲げられた。「本当にパワフルな方でした」と指揮官はしみじみとしのんでいた。