DeNAの南場智子オーナー(57)は7日、アレックス・ラミレス監督(45)の来季続投を正式発表した。敗退が決まったCSファーストS第3戦後に要請し、受託された。契約期間は1年で、来季が就任5年目。

 今季は低迷した時期もあったが、巻き返してリーグ2位となり、球団史上初のCS本拠地開催に導いた。南場オーナーは「いろいろ工夫してここまで持ってきてくれた」と手腕を評価。球団ではレギュラーシーズン終了後に続投方針を固めていたが、全日程が終了したこの日に要請し、正式発表した。

 同オーナーから来季のリーグ制覇を厳命された指揮官は「私にできることは全て出し尽くして必ず優勝したい」と力強く約束した。