<セ・CSファーストステージ:DeNA1-2阪神>◇第3戦◇7日◇横浜

DeNAの19年シーズンが幕を閉じた。前夜にサヨナラ勝ちを収め、1勝1敗で迎えた第3戦。1点を追う7回1死満塁から相手失策で同点に追いついたが、8回に5番手エスコバーの暴投で勝ち越しを許した。

ラミレス監督は「いい試合だった。我々はベストを尽くして、ベストの結果。何も恥じることはない」と言った。ラミレス政権では初の2位でレギュラーシーズンを終え、CS本拠地開催を決めた。第1戦に石田を投入し、エース今永をブルペン待機させるなど奇策を仕掛けたが、阪神の勢いに屈した。同監督は「応援していただいた方の期待に応えたかった」。試合後、ラミレス監督の続投が発表された。5年目の来季に巻き返す。