「パCSファーストS・第3戦、ソフトバンク2-1楽天」(7日、ヤフオクドーム)

 6年連続でCSファイナル進出を決めたソフトバンク。工藤監督は「今季一番のゲームだった」と興奮気味に振り返った。

 「選手がよく頑張ってくれた」。この日も指揮官の采配が当たった。打順を6番に変えた内川が同点適時打と決勝本塁打を放ち、投手交代でも2番手の高橋純が六回に同点で迎えた1死一、二塁の場面を併殺打でしのいだ。それでも自身の采配に触れるよりも、「みんなが集中して戦ってくれた」と賛辞の言葉を並べた。

 また、お立ち台でのインタビューでは「ありがとうございます、皆さん」と開口一番にファンへの感謝の気持ちを口にした。「特別な声援だった。選手たちは勇気づけられた」。

 3試合続けて先制されながら、直後の裏の攻撃で追いついた。苦闘を乗り越えた分、チームは誇りと強さを取り戻した。球団初の3年連続日本一へ最初の関門を突破したソフトバンクが、勢いを持って王者・西武に襲いかかる。