「セCSファーストS・第3戦、DeNA1-2阪神」(7日、横浜スタジアム)

 レギュラーシーズン2位で初めて本拠地でCSを迎えたDeNAは1勝2敗で敗退した。

 1点及ばず敗退が決まるとラミレス監督、全選手がグラウンドに整列。雨の中最後まで声援を送り続けたファンにあいさつした。

 5日の初戦で6点差を付けながら大逆転負け。6日の第2戦では乙坂のサヨナラ本塁打で意地を見せたが、1勝1敗で迎えた正念場の第3戦でも暴投での失点などミスが絡み、競り負けた。

 ラミレス監督は「試合内容はいい試合で我々もベストを尽くした。何も恥じることはない」と振り返った。スタンドをブルーに染めたファンには「チームとひとつになって家族のようにサポートしてくれた。そして我々も期待に応えようとした。ファンの方には本当に感謝している」と気持ちを伝えた。