◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第3戦 DeNA―阪神(7日・横浜)

 ◆2019 パーソル クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ第3戦 ソフトバンク2―1楽天(7日・福岡ヤフオクドーム)

 プロ野球のクライマックスシリーズはセ・パともに第1ステージ第3戦が行われ、セはリーグ3位の阪神がDeNAを破り、巨人が待つ最終S進出を決めた。

 パは2位のソフトバンクが楽天を下して6年連続の最終S進出となり、西武と日本シリーズをかけて対戦することとなった。

 阪神は第1戦でCS史上最大の6点差逆転勝ちで勢いに乗ると、第2戦はサヨナラ負けを喫したが、9回に同点に追いつく粘りを見せていた。そしてこの日は6回に1死三塁から国吉の暴投で先制。7回に一度は同点とされたが、8回に再び梅野の犠飛で勝ち越した。

 ソフトバンクは第1戦をエースの千賀で落としたが、第2戦は初戦から大幅に打順を入れ替え競り勝った。そして第3戦は、4回に先制されたが、その裏に内川の適時打で同点。7回には内川が左翼席にソロを放って勝ち越した。

 セ・パともに最終Sは9日から始まる。