「セCSファーストS・第3戦、DeNA-阪神」(7日、横浜スタジアム)

 DeNAが執念で同点に追いついた。

 0-1の七回の攻撃。1死満塁の好機を迎えると伊藤光の三ゴロを三塁・北條がファンブル(記録は失策)し、1点を奪って同点に追いついた。一塁側ベンチ、ブルーに染まったスタンドのボルテージは最高潮に達した。

 なおも1死満塁の場面で打席の柴田は、代わったばかりのドリスから空振り三振。続いて代打の切り札・佐野が登場したが中飛に倒れ、勝ち越しはならなかった。