「セCSファーストS・第3戦、DeNA-阪神」(7日、横浜スタジアム)

 DeNAが痛恨のミスで先制点を献上した。

 五回にマウンドに上がった3番手の国吉。2イニング目となる六回に1死三塁のピンチを招いた。この場面で木浪の初球にストレートを投じたが、捕手・伊藤光の手前でバウンドし、後ろにそらした。グラウンドを転々とする間に三走・高山に先制のホームを踏まれた。

 1勝1敗で迎えた大一番。規定により、引き分けならば、レギュラーシーズン上位のDeNAがファイナルSに進む。DeNAが暴投で絶対に与えてはならない先制点を献上した。