<パ・CSファーストステージ:ソフトバンク2-1楽天>◇第3戦◇7日◇ヤフオクドーム

CS男のソフトバンク内川聖一内野手が4回に同点適時打を放った。4回に浅村にソロを許し1点を追う4回2死から連打で一、二塁のチャンスを作ると、内川が楽天岸の外角148キロ直球を逆らわず右前へ。二塁からデスパイネが激走し、最後は左手で本塁をタッチし生還した。「このチャンスで絶対に打ってやろうと思ってました。相手に先制されたしまったので、すぐ追いつけて良かったです」。

今季シーズンでは対岸は7打数6安打、2本塁打、3打点と得意にしていた。