巨人の山口俊投手が7日、東京ドームでの全体練習後、急性胆管炎による敗血症で6日に亡くなったOB金田正一氏に感謝の思いを明かした。

 今季は最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトル「3冠」に輝くも400勝の実績には「もう2度とでないと思いますし、僕らが簡単に『すごいピッチャーです』と言えるような方じゃない」と尊敬する。そんな金田氏からはジャイアンツに移籍後は、声をかけてもらう機会が多々あったと振り返る。「力まず、自信を持っていけ」と話されたことが印象に残っているという。

 CSファイナルS第1戦先発が濃厚な右腕は金田氏に吉報を届ける思いでCSも全力投球する。「僕らができるのは勝つ、勝っていい報告をするということ。そこしかないので、チームとしてもそうですし、しっかり頑張りたいです」と意気込んだ。