オリックスの福良淳一GMが7日、FA宣言せず残留することを決めたT-岡田外野手の来季復活に期待を寄せた。この日、大阪市内の球団事務所で取材に応じた福良GMは「復活してもらいたい。(T-岡田が)打線に入ったら全然違いますからね」と話した。

 他球団の移籍を含めたFA権行使を熟考していたT-岡田との話し合いを重ねてきた福良GMは「(残留の)連絡があった。よかったです」と説明。続けて「『このチームでやります』『ここで、ずっと』というようなことも言っていましたのでね」と、T-岡田の“生涯オリ宣言”に笑顔だった。

 今月末からプエルトリコでのウインター・リーグに参加。来季のチームの巻き返しには、T-岡田の打棒は欠かせない。