付け人へ2度目の暴力で日本相撲協会から自主的な引退を促されている大相撲の十両・貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=が自身の進退について11日までに明らかにすることが7日、分かった。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が、貴ノ富士の代理人弁護士を通じて協会に連絡があったと明かした。

 貴ノ富士が自主引退に同意しない場合は、コンプライアンス委員会に処分案について追加答申を委嘱することになっているが、協会は引退に同意するか否かを申し出る期限は特に定めていなかった。

 貴ノ富士の2度目の暴力を巡っては、9月26日に協会理事会が、懲戒処分ではない「自主引退を促す決議」を下していた。その際、理事会から2度、貴ノ富士に「自主的に引退することを受け入れるか、師匠(千賀ノ浦親方)にも相談してしっかりと考えてください。その間は、師匠の指示で部屋での謹慎を続けてください」と言い渡され、本人は「はい」と答えたという。

 だが、貴ノ富士は翌27日に代理人弁護士同席の記者会見を開き、引退は受け入れられないという意思を示した。協会は29日に意思確認の目的で千賀ノ浦親方を通じて「30日午後2時に師匠とそろって(協会に)来るように」と伝えたが、貴ノ富士は同親方の携帯電話のショートメールに「弁護士が対応するから自分は行かない」旨を通知した。

 貴ノ富士は会見のあった27日から東京・台東区の千賀ノ浦部屋に一度も戻っておらず、30日以降は師匠からの電話にも出ない状況だという。

 コンプライアンス委員会は既に「引退勧告」の処分案を答申しており、今後は解雇を含めた厳罰が示される可能性もある。