日本スケート連盟が7日、フィギュアスケートの16年世界ジュニア女王・本田真凜(JAL)がGPシリーズのスケートカナダ(25日開幕)に出場することになったと発表した。

 今季は当初、GPシリーズでは、11月に行われる第4戦・中国杯だけの出場予定だった。

 6日に都内で行われた記者会見では、今季に向けた抱負として「!」(エクスクラメーションマーク、感嘆符)を19個つけた「頑張る!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と言葉を記して意気込んでいた。