プロ野球の斉藤惇コミッショナー(79)が7日、歴代最多の400勝を挙げた金田正一さんが6日に死去したことを受け、以下のコメントを発表した。

 「突然の訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。400勝をはじめ歴史に刻まれた偉大な記録の数々はもちろんのこと、プロ野球の発展に大いなる功績を残されたことに改めて敬意を表したく存じます。現役選手としてだけでなく、監督となられてからもご活躍され、常に野球界を盛り立ててこられた熱意には、感謝の念しかございません。ご冥福をお祈りいたします」